脱サラ!30代でも看護師転職を目指せるのか?

 

看護師といえば、女性の多い職業のイメージですが、最近では、男性看護師がどんどん増えてきています。
結論から申しますと、やる気があればできます!

 

実際私のいとこの男性は脱サラをし看護師に転職しました。
いとこが選んだコースは看護大学でした。

 

大学入学そして、卒業し就職する頃は30代になっていたと思います。
30代男性の脱サラ組でも本人のやる気があれば看護師への道は開けます。

 

ただし、勉強量は半端じゃないです。
いとこは看護大学に受験する時もまた受かった後も勉強漬けの毎日でした。
看護学校受験対策として通信教育も受けていました。

 

大学に合格後も幸い、まだ独身だったため家から通えたのと、学費は務めていた頃に貯めていたお金が多少あったのと、後は奨学金を利用しての進学でした。やはりそれなりに計画性を持たないと難しい。

 

しかし、何よりも勝るものはそれは「やる気!」
絶対、看護師になってみせる!
という意気込みでしょう!

 

スポンサーリンク
 

命を助ける仕事「看護師」への憧れ

もともと違う仕事をしていて、看護師に転職する方人は非常に多いです。

 

震災の体験から、看護師に優しくしてもらったことや、厳しい状況に立ちあい、何か役に立ちたいと思ったことがキッカケとなって転移を決意する、といったケースが多く、さらに、男性看護師をテーマにした特集の影響もあり、近年の男性にとって、憧れの職業の一つになっています。

 

脱サラしてでも看護師になりたい男性が増えているのはわかるような気もします。
特に、30代の男性多いようですね。

 

思うに、30代ってまだまだ踏ん張りが効く年代です。
看護師だけでなく、どのような職種でも転職出来る年代。男性なら尚更、転機のポイント通過点!
それが30代だと思います。

 

男性看護師の需要性

もっとも、男性看護師は看護の現場で重宝されています。

 

いとこも老人施設も検討したようですが、折角正看までとったわけですから、もっと磨きたい、活かしたいという思いで病院に転職して現在に至っています。先で老人施設は希望しているようですが、看護師はつぶしの効く職種ですから強みがありますよね。

 

介護施設は、女性には大変である力仕事が多いことや突然暴れたりする患者さんもいるため、力強い、男性の存在はとても大きいようです。また、小児科での男性看護師は、「父親」を感じられることから大きな役割を果たしているとのこと。なるほど〜

 

さらに、女性は出産や育児で休暇をとることや、退職することが多いのですが男性の場合、その割合は極めて低いです。
一度看護師として働けば、給料も安定しますから、生涯にわたって勤務するケースが多く、そういった面でも、男性看護師への期待は大きいのです。

 

男性看護師の収入について

収入はもちろん大切ですが、看護師はそれだけで選ぶ職種ではないでしょう。
しかし、そうは言っても、転職するにあたって、気になるのは給料のこと!
男性なら家族がいるなら尚更です。

 

看護師はその仕事内容から、普通のサラリーマンより高めの年収となっており、全国の平均的には、約500万円前後。
男女の区別はありませんので、もちろん待遇に差はありません。

 

しかし、実際に男女で年収を比べてみると、男性看護師のほうが15万円ほど高いということが、厚生労働省のデータから確認されています。男女差はないと言いながらも、やはりそこは一家の大黒柱ですから、家族を養っていくという観点から見れば当然なのかもしれません。とは言え、一般の企業と比べると女性が優位な職場に変わりはないでしょう。

 

また、クリニックなどの小さな病院に勤めることの多い女性に比べ、男性は、大きな病院や救命センターで勤務している方が多く、女性看護師よりも高い給料をもらっている場合が多いのです。

 

さらに、体力のある男性看護師には、夜勤に入ってもらう頻度が高くなり、夜勤手当が多く付いて給料が上がるという人もいるようです。
この辺は、やはり男性の強みだと思います。

 

おすすめサイト集

カニ足 激安利尻カラーシャンプー